大人のクールカジュアルは程よい肌見せがポイント

大人の女性にとってファッションは、若づくりになったり、老けて見えたりしないように気をつけなければいけないので、なかなか難しいものではないでしょうか。そういう女性には、多くの色を使用せず奇抜なシルエットを避けるクールカジュアルがオススメです。基本的に無地が好まれますが、ボーダーやチェックなどのシンプルな柄物を取り入れる場合もあり、幅広いコーディネートが楽しめます。

しかしクールカジュアルはシンプルすぎて、地味になってしまったり、幼い印象を持たれたりするかもしれません。そこで大切なのが程よい肌見せです。鎖骨や手首、足首などを少し出すように心掛けるだけで、ファッションに女性らしいシルエットが加わり、大人のクールカジュアルが完成するでしょう。

大人クールカジュアルは量より質!

大人のクールカジュアルは量ではなく質を意識するべきでしょう。なぜならシンプルなアイテムが多いので、量がなくても組み合わせやすいからです。しかし、そのアイテムの質が悪く、毛玉だらけだったり、襟ぐりが伸びてしまっていたら、それはクールカジュアルとはいえません。大人の女性のファッションになくてはならないのは清潔感です。必要なものはアイロンをかけたり、クリーニングに出すなどきちんとケアをして品質を保ちましょう。購入時に自分できちんとケアできるのかを確認することも大切です。 また気に入っているアイテムは着用頻度が高くなりがちですが、同じものを何度も着ると洋服の傷みも早くなり、コーディネートの幅も狭まります。なるべく満遍なくアイテムを着用し、シーズン毎に新しいアイテムと入れ替えられると理想的です。